三河家劇団の演目について

大きくは『2部構成』となっています。


まずは、大衆演劇の醍醐味でもあります、お芝居があります。

数日見ていて思いましたが、毎日内容は違います。
人情劇が中心ですが、殺陣や恋、笑いなど、様々な要素を取り入れており、特に座長のアドリブ要素が多いのも三河家劇団の特徴です。


アドリブ次第で結構伸びたりしますが (笑)、だいたいお芝居は1時間ほどです。


そこから休憩時間&お客様のカラオケタイムとなっています。

ステージで気持ちよく歌える機会はなかなか無いので貴重です!!!


カラオケタイムが終わりましたら、2部の歌と踊りのグランドショーです。

こちら結構盛り上がることも多く、好きなお客様も多い印象を受けました。


座長や若座長が女形で衣装直しで踊るのも必見なのですが、何よりも素晴らしいのが踊りの繊細さでした。

一見普通に踊っているように見えるのですが、流れるように無駄なく踊り、目線や顔の位置も細かく決められており、美しく動けるように洗練されている踊りですので、見ていてうっとりします。

とても、お上手です。


開場は12時から、開演は13時からになりまして、終了はだいたい16時頃になります。


1回目見られたお客様が2回目3回目と来ていただいており、後半にかけて盛り上がりを増しております(笑)



役者さん全員がとても愛想よく、本当に親しみをもって接してくれるのがとても嬉しいです。

役者の皆さんは、快く写真撮影にも応じてくださいます♪


早いもので、千秋楽が近づいてまいりました。


残席はまだ少しですが空いていますし、当温泉センターのお客様も今は三河家劇団さんの話題でもちきりです。


見たお客さんの感想もとても面白いと、本当にたくさんのお客様に言っていただいていますので、来てもらって本当に良かったと思っています♪


まだ見られてないお客様は、きっとご満足いただけると思いますので、お時間がありましたらぜひ当センターへお越しくださいませ。